夢を追いかけていた頃の自分が懐かしいなと思いました

たまたま夜に寝ている時に見ていた夢の中で、私がまだ20代で夢を追いかけていた頃の夢を見ました。本当に実際の夢と同じで本当に私もその夢に向かって頑張っていたのですが、まさに夢の中でも20代の私がいて、同じ夢に向かって頑張っていたので朝起きてから凄く驚きました。それでその頃の私が懐かしくなってしまったのですが、あの頃は夢に向かってただただ頑張っていたな、そう思いました。本当は夢を諦めたくはなかったのですが、両親のことを考えるとこのまま結婚もしないで夢ばかり追いかけていたらそのうち両親はいったい何歳になってしまうんだろう、そう思うようになりました。それで私は夢は追いかけられるだけ追いかけたけれどそんなに誰でも私の夢は叶えられる物でもなかったし、やるだけやったからそろそろ今度は両親にも恩返しをしないと、そう思って結婚をしました。でもあの時諦めなかったら良かった、その後悔は今でもしています。夢を見て、あの時の若い頃の自分が本当に懐かしくなってしまいました。

最近怠いなあと憧れ医院に行ったときの話です。

病棟の医者に「エアコンディショナー疾病ですね」と受診されました。寝ている事例、いつもエアコンディショナーをつけてある。起きたら一気にエアコンディショナーをOFFに行うが、何分ミッドサマー、暑いだ。汗が滝の様に吹き出ます。法人に通勤中もマイカーの室温は備えっぱなしでいるのですがそれもいかんと病棟の医者から言われました。必ず、注力症に上るよりかはましだそうですがいまひとつエアコンディショナーに頼っていると体温セットができなくなるそうでそれがエアコンディショナー疾病の要因だそうです。だいたい今は理想的な気温25ごとで設定しています。ですが法人はクーラーガンガン。余りの寒さにはんてんに袖を通す対処。最近は値段短縮とエアコンディショナーのセット気温を上げて運転していますが必ず寒いだ。病棟の医者からアラートを受けているのでエアコンディショナーが激しいなと思ったらはんてんを着て商いに勤めます。多分、夏季の暑さも盆まで。やっぱししのぎきっていこうと思うのですが暑いのは変わりなく当然家に帰るとエアコンディショナーの電源を入れて涼をとろうとするのは治らないだ。